手汗を抑える方法まとめ

手汗

手汗がひどいと悩んでいる人は、心が柔らかくデリケートな人に多いといわれています。

繊細な心を持つがゆえ発症してしまう手汗に関する問題を軽減するために、ここでは様々な角度から手汗を抑える方法をご紹介していきたいと思います。

 

まず、手汗に悩んでいるといっても人それぞれに違うもので、原因は過度なストレスや将来への不安、不規則な生活からの自律神経の失調、ホルモンバランスの乱れ、体重の増加、病気などと色々とその要因が上げられます。

ただ、自分自身がどの原因にピッタリと当てはまるのかというのは、なかなかわからないものです。

なので、ここでは3段階に分けてを抑える方法を紹介していきます。

 

第1段階 : 日々の生活スタイルを変える
第2段階 : 市販の手汗を止めるための商品を使ってみる
第3段階 : 病院へ行く

 

第1段階 : 日々の生活スタイルを変える

まずはじめの一歩目として、日々の生活スタイルを見直すことが重要です。

なぜなら、手汗の原因は、ストレスや姿勢の悪さ、肥満、生理周期、睡眠などからくることが多いからです。

 

ストレスを減らす

手汗 ストレス
緊張やストレスを感じていると、交感神経と副交感神経から成る自律神経が乱れ、手汗の原因になります。
なので学校や会社、バイト先などの日常生活でストレスを感じている人は、ストレス発散の方法を見つけましょう。

また、ストレスを感じると呼吸が浅くなりリズムが乱れ、その結果、手に汗をかくので、まずはゆっくりと深く息を吸って吐く動作を意識的に繰り返し、心をリラックスするようにしましょう。

ストレスという原因から目を逸らさず、呼吸をゆっくり整えてリラックスするということが手汗を止めるはじめの一歩です。

不規則な生活を正す

手汗 不規則な生活
手汗の原因となる自律神経のバランスが崩れる理由は、栄養バランスの悪い食事や、不規則な生活も要因の一つだといわれています。

そのため、栄養バランスの良い食生活をすることと、規則正しい生活を送ることが重要です。

野菜などのビタミン類やミネラルやタンパク質など、バランスよく摂りましょう。

そして、毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きることも大切です。

また、眠る時間も重要です。

22時~2時の間は、成長ホルモンの分泌が活発になるので、その時間に眠ると良いでしょう。

運動をして肥満を抑える

手汗 運動
肥満は内臓脂肪であれ皮下脂肪であれ、健康な人にはないものが体を覆っていることになります。

覆われた脂肪のせいで、体内の熱が放出されにくくなり、体内の温度を調節しようとし、手汗をかきやすくなるのです。

肥満の人がいきなり激しい運動をすると、体に負荷がかかり危険を伴います。ウォーキングや軽めの運動から始めていくようにしましょう。

継続的な運動が必要ですので、自分に合った運動を選ぶことが大事です。

食事もいきなり絶食するのではなく、糖質をおさえていきましょう。

また、食べるときもよく噛んで、少ない量でも満腹感を与えられるように工夫をし、無理なく食生活を管理しましょう。

姿勢を整える

手汗 姿勢
猫背になると、呼吸の際に横隔膜が正しく動きにくくなります。

横隔膜の周辺には自律神経が集まっているので、横隔膜の動きが悪いと自律神経にまで影響して手汗の原因に繋がります。

日頃の姿勢やストレッチなどで美しい姿勢を意識するようにしましょう。

 

第2段階の手汗止め対策 : 手汗止め商品を使ってみる

フレナーラ

フレナーラ
手汗止め商品のフレナーラが他の商品と違うところは、刺激成分を排除し今までの制汗剤に見られたかゆみや肌荒れといったトラブルを無くし、毎日快適に使えるよう使用感にこだわっています。

見た目のデザインにも配慮し、まるでハンドクリームの様で、気になった時に人前で使っても制汗剤と分からず、安心です。フレナーラの独自技術、塗り込んだ有効成分が細分化して浸透し手の汗が発生する場所、エクリン線まで届き根本から抑える効果があります。

厳選された7種類の天然植物エキスを配合し、塗った直後でもべたつかずサラサラの状態が続きます。

1日3回、習慣的に使用することで制汗効果がアップし、持続力も期待できます。

ありがちなロールタイプと違い、チューブタイプなので衛生的に手汗ケアができ、便利で嬉しいポイントです。

手汗 フレナーラ

ファリネ

2016-02-11_1523

 

コメントは受け付けていません。